アスペルガーが集団にもたらすメリット

発達障害を、「疾患としての障害」ではなく、「人類の生物としての適応の一つ」とする説は「ニューロダイバーシティ」と呼ばれる。

ニューロダイバーシティの視点から、アスペルガーが集団にもたらすメリットをまとめた。

アスペルガーが集団にもたらすメリット

  • 技術的イノベーション
  • 集団の暴走を防ぐ
  • 集団外部の脅威を見張る
  • リスクに強い

技術的イノベーション

アスペルガーを持つ人は、興味範囲の限定性や繰り返しの特性で、技術者に適性が高く、技術的イノベーションを起こしやすい。

参考記事:「自閉症は人類進化に必須の性質(11月15日Time & Mindオンライン掲載論文)

集団の暴走を防ぐ

アスペルガーを持つ人は、社会性の障害から、集団の多数派に合わせる事よりも、科学的法則を重視する傾向がある。

その社会性の障害の特性から、アスペルガーを持つ人は多数派の意見に流されず、冷静に状況を判断でき、集団の暴走を防いで来た。

参考記事:「自閉症は人類進化に必須の性質(11月15日Time & Mindオンライン掲載論文)

集団外部の脅威を見張る

アカゲザルの群れには、集団内の社交に注意を払う個体と集団外の脅威に注意を払う個体がいて、それは遺伝的に決まっている。

人間の場合、アスペルガーが集団外の脅威に注意を払う個体に当たる。

参考記事:「自閉症者が人類社会に「不可欠」である理由 〜実は障害ではない!

最近では、地球温暖化に反対し、国際的な影響力を及ぼした16歳の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさんが好例だと自分は思う。

リスクに強い

ASDは不安が強い特性がある。

逆に、サイコパスは恐怖を感じにくい特性がある。

まとめると、不安の感じやすさは、「ASD >健常者 >サイコパス」の順になるのだと思う。

そして、確率分布は正規分布となる。

正規分布とは、簡単に言うと、以下のようになる。

  • 極端にマイナスな事は小さな確率で起きる
  • 平均的なプラスマイナスの事は中程度の確率で起きる。
  • 極端にプラスな事は小さな確率で起きる

そして、

  • ASDは小さな確率で起きる、極端にマイナスな事に備える個体、
  • 健常者は、平均的な確率で起こる平均的な値の事に備える個体。
  • サイコパスは、小さな確率で起きる、極端にプラスな事に備える個体

なのだと自分は思う。

ASDのように不安が強い個体がいれば、確率的に小さいが、ダメージが大きい大災害が起きても、集団が全滅せず、一部分だけでも生き残れる。

逆に、サイコパスのように不安を感じにくい個体がいれば、確率的に小さい大チャンスが訪れた時、それを取り逃す事なく、活かして集団の繁栄に繋げられる。

そして、ASDやサイコパスが100人に一人と少数派なのは、確率的に小さい事に備える個体のため、数が少なくても良い、という事だと自分は思う。

あと、「自閉症スペクトラム」という名前が示す通り、特性はグラデーションのように濃淡を為している。

病院で診断される重度の発達障害者は、100人に一人だが、軽度の発達障害者まで含めると10人に一人にまで増えるらしい。

そういった軽度の発達障害者も同様の傾向があると自分は思う。

まとめると、

  • アスペルガーは不安が強いため、リスクに強い
  • 健常者は通常の事をこなす
  • サイコパスは不安を感じにくいため、チャンスに強い

のだと自分は思う。

あと、アスペルガーは不安が強いため、ストレスに弱く、リスクに弱いじゃないか、という反論もあるかもしれない。

リスク対策には、

  • 予防対策
  • 発生後対策

の二つがある。

アスペルガーは、不安が強く、ストレスに弱いため、発生後対策には弱いかもしれない。

だが、予防対策はリスクそのものの発生を抑えるため、ストレスは発生せず、アスペルガーを持つ人は得意だと思う。

一応補足しておくと、アスペルガーがリスクに強い、というのは自分の個人的な考えだ。

まとめ

アスペルガーを持つ人を「空気が読めない人」として集団から排斥すると、集団の暴走が起きやすくなったり、集団外の脅威への対処が遅れるといった被害が出やすくなる可能性が高い。

政府が少数民族を保護するように、アスペルガーも遺伝的なマイノリティとして、政府が保護する事が必要だ、と自分は思う。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。