いじめの言い訳と切り返し

1.代表例

・「被害者にも原因がある」

→「原因と責任は別」

・「こんな事で怒るなよ」

→「君は同じ事されたら怒らないの?」

・「加害者にも辛い事情がある」

→「ここは、加害者の事情ではなく、被害者のケアを話す場だ」

・「被害者が工夫して対処を」

→「責任を負うべきなのは加害者」

2.その他の言い訳

・「もう過ぎた事ですよね?」

→「被害者の苦しみはまだ続いている」

・「仕返しがしたいの?」

→「被害者の正当な怒りと理不尽な逆恨みは別物」

・「継続性がないからいじめじゃない」

→「やめて、と言ってやめてくれなかったら、それは継続性を示す代わりの物になる」

・「『いじり』は『いじめ』ではない

→「『いじり』は心理的安全を侵害する心理的暴力。」

・「(抗議した時)裁判起こすって脅迫じゃないの?」

→「合法的な権利の行使の意思表示は脅迫にはならないです」

・「そんな事言った?」

→「言葉で言わなくても、態度で示していた」

・「誤解だよ」

→「君、都合の良い時だけ、誤解と言うよね?」

・「君が何と言おうと違うから」

→「全く説得力がないですよ」

・「そういうつもりで言ったんじゃない」

→「そういうつもりでないのに、どうしてそう取られてしまうのでしょう?」

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。