グレタさんの成功のマクロ要因

グレタ・トゥーンベリとは?

グレタさんは、16歳のASDを持つ環境保護活動家。

スウェーデンの議会前で座り込みの活動をした事から有名になり始め、国連で”How dare you!”と過激なスピーチをした事で、日本でもかなり有名になった。

金曜日に選挙権を持たない未成年者がそれぞれの国の議会に座り込みで抗議活動をする事を呼びかけ、世界各国の若者達がそれに応じている。

グレタさんのTwitterフォロワー数は、2019/12/30現在、378万人。

国際的な影響力を持つ環境保護活動家となっている。

偉人の三つの要素

偉人は、

  • 時代
  • 場所

の三つが重なった時に出現する。

グレタさんの場合、それらは、

  • 先進国で少子高齢化で世代対立が起きている現在
  • マイノリティの意見を尊重する風土があるスウェーデン
  • ASDの社会性の障害

だと思う。

先進国の世代対立

先進国では、少子高齢化で世代対立が起きている。

環境問題を先送りにして現在の経済問題解決を優先すれば、中高年層は得をするが、若年層は、将来そのつけを払わされる羽目になる。

また、先進国の国債の問題もあると思う。

先進国の多くは、借金をして、将来世代に支払いさせる形で経済問題を解決しようとしている。

そして、環境対策は、簡単に言えば、資源の浪費を辞め、不便を受け入れて節約しようという事であり、政府の発行する国債額を減らす事にも繋がると思う。

環境対策を優先すれば、景気対策も後回しにされ、国債発行額が減るためだ。

環境問題の裏では、世代間の金銭の奪い合いがあるのだと自分は思う。

スウェーデンの風土

スウェーデンは北欧の福祉国家の一つで、マイノリティの意見を尊重しようという風土がある。

子供で女性、アスペルガー症候群というマイノリティであるグレタさんの意見が、スウェーデンの風土で尊重された事も大きいと思う。

ASDの社会性の障害

ASDの遺伝子が人類に残ってきたのは、集団内の社交をする個体だけではなく、集団外の脅威に注意を払う個体も必要なため、という説がある。

グレタさんは、環境問題という集団外部の脅威に注意を払うASDで、集団内部の交流に注意を払っていた定型発達者達に警告を発しているのだと思う。

また、ASDの社会性の障害は、集団の暴走を防ぐ事に役立つ。

グレタさんは、経済発展を優先し、環境問題をないがしろにするという集団の暴走を防いでいるASDだと捉える事もできる。

グレタさんのメディア戦略

グレタさんは、短期間で知名度を大きく上げ、多くの支持者を獲得した。

それは以下の三つの要因が理由だと自分は思う。

  • 英語で発信した事
  • SNSの活用
  • 一種の炎上商法

英語での発信

グレタさんの母語は英語ではなくスウェーデン語。

そして、スウェーデン語の話者は約1000万人。

英語の話者は約15億人。

グレタさんの成功は、話者人口が多い英語で発信した事もあると思う。

ちなみに、グレタさんは、普段は英語でツイートをし、時々、スウェーデン語とおぼしき、読めない言語で書かれたツイートをしている。

SNSの活用

グレタさんは、TwitterYoutubeを使っている。

アメリカのトランプ大統領や日本のN国など、ポピュリズム勢力も、方向性は真逆だが、ソーシャルメディアを使っている。

トランプ大統領はTwitterを使う事で有名だし、N国の立花孝志はYoutubeで過激な動画を出したりしている。

そのように、方向性はどうあれ、新興の政治勢力には、ソーシャルメディアの活用が特徴として挙げられる。

一種の炎上商法

グレタさんの活動手法

  1. 学校を休み、議会前で座り込みの抗議活動をするという変わった行動で注目を集める
  2. 国連で子供の身で大人を叱るスピーチをした事が一種の炎上商法となり、国際的注目を集める

グレタさんは、まず、議会前で座り込みの抗議活動、という変わった行動をし、それをSNSで発信する事で、社会の注目を集めたのだと自分は思う。

その後、国連で子供の身で大人を叱るスピーチをした事が一種の炎上商法として働き、彼女の知名度を国際的なものとしたのだと自分は思う。

グレタさんの家庭環境の影響

グレタさんの父は俳優、母はオペラ歌手、祖父は俳優で監督。

グレタさんは、芸能一家に産まれた事でメディアの使い方をよく知っていたのだと思う 。

そのため、ソーシャルメディアを環境保護活動に用いたり、一種の炎上商法をしたり、といった工夫ができたのだと自分は思う。

中高年男性がグレタさんを嫌う理由

中高年男性がグレタさんを激しく嫌うのは、中年の危機が原因だ。

コンプレックスが強い人ほど生意気な人を嫌う傾向がある。

中高年男性は、中年の危機で、グレタさんのASDの社会性の障害を嫌っているのだ。

ロールモデルとしての活用

ASDは、社会性の障害で、集団の暴走を防ぐ役割を負っている。

グレタさんは、それに大成功した事例だ。

日本のASDを持つ人達も、集団の暴走を防ぎたい時は、グレタさんの手法を模倣すると良いと思う。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。

グレタさんのTwitterフォロワー数分析

グレタ・トゥーンベリとは?

グレタさんは、16歳のASDを持つ環境保護活動家。

スウェーデンの議会前で座り込みの活動をした事から有名になり始め、国連で”How dare you!”と過激なスピーチをした事で、日本でもかなり有名になった。

金曜日に選挙権を持たない未成年者がそれぞれの国の議会に座り込みで抗議活動をする事を呼びかけ、世界各国の若者達がそれに応じている。

グレタさんのTwitterフォロワー数は、2019/12/30現在、378万人。

国際的な影響力を持つ環境保護活動家となっている。

グレタさんのTwitterフォロワー数

以下に、グレタさんと他の有名人の、Twitterフォロワー数と2019/12/23現時点でのTwitter歴を一覧で示す。

  • グレタさん 373万人  約一年半
  • ヴィクトリア・ジャスティス 1043万人 約10年
  • ミランダ・コスグローブ  743万人 約10年
  • アリアナ・グランデ 6821万人 約10年
  • セレーナ・ゴメス    5920万人 約10年
  • ジャスティンビーバー     1億740万人 約10年
  • トランプ大統領  6784万人 約10年
  • オバマ大統領  1億1087万人 約12年
  • 安倍晋三首相 161万人 約7年
  • 立花孝志 13万人 約10年
  • 堀江貴文 335万人 約10年
  • ベッキー 197万人 約8年

ヴィクトリア・ジャスティスからジャスティンビーバーまでの人達は、アメリカの20代の芸能人たちだ。

このデータからは、

  • 英語圏の有名人達は日本語圏の有名人よりもフォロワー数が多い
  • 英語圏の中ではグレタさんはまだ有名人の仲間入りをした所で伸び代がある

といった事が読み取れると思う。

グレタさんのTwitterフォロワー数の経済的価値

グレタさんのTwitterフォロワー数は記事執筆時点で363万人。

有名人が宣伝ツイートをする場合、フォロワー数×2~4円が相場。

グレタさんが宣伝ツイートをするなら、ツイート一つが726万~1452万円になる。

現在の日本人の平均年収は約400万円程度。

グレタさんは、その気になれば、ツイートを一回するだけで、日本人の平均年収の約2~3倍を稼ぐ事ができるという事だ。

実際には、彼女は裕福な家庭の子のため、しないだろうが、彼女の影響力の分かりやすい指標として、計算してみた。

グレタさんの動画・写真技術

グレタさんは、写真や動画をツイートにつける事があり、それは中々センスが良い。

例えば、上記のツイートは、グレタさんのアカウントの固定ツイートだ。

そのツイートに埋め込まれた動画では、森の中でグレタさんが落ち着いた音楽をBGMとしながら、環境問題を話している。

そして、話の緩急に合わせて、グレタさんの顔がアップになったり、肩が見える距離までカメラの視点が後ろに下がったりしている。

そして、動画の最後では、グレタさんの瞳がアップされるという演出がされている。

環境問題を森の中で話すのは、良い場所の選び方だし、話の盛り上がりに合わせて、カメラの視点の距離を動かすのも、良い演出だ。

また、上記ツイートでは、鉄道に乗る自分の姿の写真を投稿しており、それは、窓から入る光がグレタさんの顔を照らし、良い雰囲気の写真となっている。

グレタさんの旅には彼女の父親が同行しているようだが、グレタさんの父親は俳優であり、メディア関係者だ。

保護者が上記の動画・写真を撮影している場合、メディア関係者の父親の編集技術もグレタさんのソーシャルメディアの活用の一助になっていると自分は思う。

もし、グレタさんが自分で撮影・編集している場合、彼女はメディア関係者が多い家庭環境からそういったメディアの活用技術を学んだのかもしれないと自分は思う。

グレタさんの家族は、母親はオペラ歌手、父親は俳優、祖父は映画監督でメディア関係者が多い。

あるいは、グレタさんの一家に遺伝で、写真や動画といった物に対して得意となるような遺伝的特性が伝わっている、という可能性もある。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。

元次官による引きこもり息子殺害事件について

事件の概要

元事務次官の父親が、引きこもりの息子を殺害した事件。

事件当時、父親は76歳、息子は44歳。

引きこもりの息子の英一郎さんは、ASDだと診断されていた。

中高でいじめ被害に遭い、統合失調症にもなったという経緯を経て、引きこもりになっていたらしい。

英一郎さんは、

  • 家庭内暴力
  • 母親がうつ病
  • 娘の縁談が破談になり、娘が自殺

といった迷惑を家族にかけていたとされる。

だが、自分はこれらの説にかなり疑いを抱いている。

英一郎さんのTwitterアカウント

「ドラクエ10ステラ神DQX(熊澤英一郎)」という名前のアカウントがTwitter上にあり、栄一郎さんのアカウントだと言われている。

@hiromi_kanzaki

事件で有名になってしまったのか、ツイートのコメント欄では、誹謗中傷が多くされている。

「発達障害を背景とした毒親」の可能性

発達障害は遺伝するため、息子の英一郎さんにASDがあったなら、父親にもASDがあった可能性がある。

少なくとも軽度のASDはある可能性は高い。

そして、精神科医の水島広子医師の著書「毒親の正体」では、

「毒親の多くには精神疾患があり、最も多いのは発達障害」

だと書かれている。

元次官の父や英一郎さんの母は、「発達障害を背景とした毒親」であった可能性が高いと自分は思う。

例えば、英一郎さんは「子供の頃、勉強しないと、母がオモチャを壊した」というツイートもしていた。

元次官の父が、「1E」のASDである可能性

そして、総合IQが高いギフテッドと発達障害を併発した場合は、二重に例外的という意味で、「2E」と呼ばれる。

これは個人的考えだが、総合IQが平均範囲内の場合でも、発達の偏りで平均より高いIQ群がある場合は、「1E」と呼べると思う。

1Eは、準ギフテッドといった存在だと自分は思う。

そして、元次官の父は、「1E」のASDだった可能性はないか、と自分は思う。

アスペルガーは、発達の偏りで、勉強が得意で人付き合いが苦手な傾向がある。

元次官の父は、「1E」のASDで、事務次官というエリート職につけた、という可能性があると自分は思う。

もちろん、事務次官になれるほど優秀なら、「2E」の可能性もあるが。

そして、英一郎さん自身も「1E」のASDであった可能性があり、中高一貫校でいじめ被害に遭わなければ、彼の興味のあったアニメの分野で成功できた可能性があると自分は思う。

家庭内暴力が「モラルハラスメントの破裂行動」である可能性

「カウンセラーが語るモラルハラスメント」には、「モラルハラスメントの破裂行動」という現象が書かれている。

心理的暴力の被害者が、我慢できずに物理的暴力でやり返してしまう現象の事だ。

英一郎さんの家庭内暴力は、「発達障害を背景とした毒親」だった両親への「モラルハラスメントの破裂行動」であった可能性があると自分は思う。

元次官の父は、公務員だったという職業柄、真面目な性格だと思われる。

そうした真面目な性格で、引きこもりの息子を社会復帰させようと、かなり厳しく言っていたのではないだろうか?

ASDは他人の感情が分からないため、相手を酷く傷つける事も言ってしまう傾向がある。

元次官の父は、自身のASDの特性もあり、息子を酷く傷つける事を言ってしまい、家庭内暴力を誘発していたのではないだろうか?

反証としては、スクールカーストで下の生徒が学校で受けたいじめのストレスを、家庭で家族に八つ当たりする傾向がある事だ。

だが、それは英一郎さんが学生時代の頃の家庭内暴力にしか影響していないはずだ。

学生でない時期の家庭内暴力は、元次官の「発達障害を背景とした毒親」が主因である可能性が高いと自分は思う。

妻のうつ病が「カサンドラ症候群」である可能性

ASDの夫を持つ妻が、うつ病に似た症状を呈する現象は「カサンドラ症候群」と呼ばれる。

元次官の妻がうつ病になった原因は、英一郎さんだとされている。

だが、元次官自身のASDによる「カサンドラ症候群」が主因で、英一郎さんの引きこもりがうつ病発症の引き金を引いたという可能性があると自分は思う。

そして、カサンドラ症候群には、子供への虐待が伴うと自分は思う。

「毒親の正体」で毒親の背景にある精神疾患の一つとして、「 DVなどの環境問題 」が挙げられている。

カサンドラ症候群は、ASDの夫による無自覚のDVだと言える。

故に、カサンドラ症候群には子供への虐待が伴うと自分は思う。

英一郎さんは、元次官の父による母のカサンドラ症候群で、子供の頃、虐待されていたのではないだろうか?

前述の「勉強しないとおもちゃを壊された」というツイートはその証拠になると自分は思う。

娘の自殺が「娘自身のASDによる適応障害」が主因である可能性

発達障害は遺伝するため、英一郎さんにASDがあった場合、きょうだいにもASDがあった可能性が高い。

自殺した娘にもASDがあった場合、自殺の主因は、娘自身のASDによる適応障害ではないだろうか?

結婚を、その適応障害からの逃避先として見ていて、それが断たれた事による自殺、という可能性はないだろうか?

あと、現代人が、縁談が破断になったくらいで自殺するだろうか?

娘の年齢がよく分からないが、きょうだいのため、英一郎さんと同程度と仮定した場合、おそらく、結婚適齢期である20~35歳だった時期に縁談があったと推測されるため、縁談は10~20年前。

2000年代初頭の時期に、若者が、縁談の破断程度で自殺するだろうか?

自分は、娘の自殺と、英一郎さんによる縁談の破断には、因果関係が薄い可能性が高いと思う。

元次官の父が取るべきだった解決策

  • いじめ後遺症へのEMDR
  • オキシトシン実用化を待つ
  • 観光ビザによる海外療養

英一郎さんは、中高で激しいいじめ被害に遭っていた。

彼は、受けたいじめが、ASDのフラッシュバックになっていた可能性が高い。

そうしたいじめ後遺症は、EMDRを使って治療する事が必要だと思う。

いじめ後遺症を治療しないと、社会復帰が壮絶な恐怖に感じるからだ。

津波が来た時、家から出られないタイプの引きこもりの中には、家から避難せずにそのまま亡くなった人もいたそうだ。

それくらい、いじめ後遺症があると、社会が恐怖になるのだ。

あと、いじめの原因と責任は別だ。

英一郎さんがいじめを受けた原因として、ASDの社会性の障害と見られる行動があったそうだ。

現在研究中のオキシトシンは、ASDの性格的特性を緩和する薬剤。

オキシトシンが実用化されれば、英一郎さんの社会復帰にも役立った可能性が高い。

また、岩波明教授の「発達障害」には、「発達障害を持つ人は海外では暮らしやすい。多民族多文化の外国では社会の同質性が低く、空気を読む文化がないからだ」

という趣旨の記述がある。

外国で海外療養すれば、英一郎さんの回復につながった可能性がある。

ちなみに、観光ビザは、最大三ヵ月程度だ。

一つの国当たりの期間のため、療養先を次々変えれば、一年くらいは海外療養できたはずだ。

英一郎さんが20代の頃なら、最大一年間のワーキングホリデービザも使えたと思う。

そうして療養して回復した後、就労ビザを正式に取って社会復帰すれば良かったと自分は思う。

元次官で、キャリア官僚は天下りで退職金を多くもらうため、経済的にはかなり余裕があったと思われ、その程度の出費は、大した事なかったはずだ。

ただ、元次官は高学歴だが、高齢で新しい事の吸収が難しくなっていたと思われる。

英一郎さんが発達障害と診断された後、こういった治療法を計画するために、大人の発達障害の知識を吸収する事は難しかったかもしれない。

まとめ

現在、元次官の父は、一審判決を不服として控訴している。

元次官の父は、高齢であり、日本の裁判は時間がかかるため、時間切れを狙っているという側面があると思う。

自分は、元次官の父が「発達障害を背景とした毒親」であった可能性や妻や娘の被害が栄一郎さんが主因ではない可能性を踏まえて、二審では逆に、一審よりも重い処罰を下すべきだと思う。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。