日本のASDの22%が引きこもりに追い込まれている

引きこもりの四人に一人が発達障害

山梨県立精神保健福祉センターの近藤直司氏は、全国5カ所の精神保健福祉センターに訪れた、引きこもり当事者152人の診断結果を以下のように集計している。

  • 発達障害27%
  • 不安障害22%
  • パーソナリティ障害18%
  • 気分障害14%
  • 精神病勢障害8%
  • 適応障害6%

出典:ダイアモンドオンライン「引きこもりは本当に怠け者!? 95%が精神疾患を持つ現実と偏見の間

また、徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部の境泉洋准教授(臨床コミュニティ心理学)らのグループが、引きこもり当事者や家族に対して、2010年に大規模調査を行った。

その調査では、引きこもり本人のうち、「AQ-J-16-テスト」で広範性発達障害の可能性が高いと思われる人が、

  • 男性では26.3%
  • 女性では15.8%

という割合で含まれていた。

広汎性発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害を含む呼び方だ。

簡単に言うと、「広範性発達障害」は、現在の自閉症スペクトラムに当たる呼び方だ。

出典:ダイアモンドオンライン「4人に一人以上が発達障害!? 引きこもる大人達が働けない本当の理由

二つの調査結果から、引きこもりの25%が自閉症スペクトラムだいう事が分かる。

日本の引きこもりは合計116万4000人

引きこもりの人数は、15~39歳で54万1千人、40~64歳で61万人3千人で、合計115万4千人。

出典:日経新聞「中高年ひきこもり61万人 内閣府が初調査

115万4000人の25%は、28万8500人となる。

つまり、日本の「ASDを背景とした引きこもり」は28万8500人となる。

日本のASDの22%が引きこもりに

日本の総人口は、1億2615万人。

ASDは100人に一人のため、日本のASDは約126万人。

28万8500人÷126万人 = 約22%

まとめると、日本のASDの22%が引きこもりに追い込まれている計算になる。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。