アスペルガーにブラインドバリアフリーを

アスペルガーへの差別

日本のアスペルガーには「プライバシーを保ちながら支援を受けられる仕組み」が必要だと自分は思う

「和」を重視する日本では、「空気が読めない」アスペルガーは大罪人扱いされがちだからだ。

故に、専門職以外の一般人には、伝えない方が良いと自分は思う。

ブラインドバリアフリーのやり方

ブラインドバリアフリーの具体的なやり方としては、ASD向けのバリアフリーな社会制度を、発達障害者専用ではなく、健常者も含めた全ての人にとっての選択肢にする事で、ASDを持つ事を隠しやすくすると良いと思う。

例えば、アスペルガーを持つ人は、生まれつきコミュニケーションの障害がある。

そのため、アスペルガーを持つ人には、進学・就職における面接試験を免除、あるいはSPIのような適性検査テストで代替、といったバリアフリーな社会制度が考えられる。

ただし、面接試験のために待合室などで待つシステムの場合、そこにいなかった人に自閉系の発達障害があると推測しできてしまう。

かといって、待合室を複数設けたり、複数日に分けてやるのは、コスト効率が悪い。

そのため、面接試験の免除・代替は、アスペルガーを持つ人だけでなく、健常者でも希望すれば受けられる、といったシステムにすると良いと思う。

例としては良くないが、例えば、容姿が優れた人は面接が有利だが、容姿に劣っている人は面接に不利だ。

そういった人も、面接試験の免除・代替システムがある場合、SPIのような適性検査テストを面接の代わりに受けると考えられ、そういった人達とASDが共に、制度を利用すれば、誰がASDなのか分かりにくくなる。

また、重度のASDは100人に一人だが、軽度のASDまで含めると10人に一人になる。

バリアフリーな社会制度を、発達障害者専用ではなく、健常者も含めた全ての人にとっての選択肢として設計すれば、そういった軽度のASDの人も、ASD向けのバリアフリーな社会制度を利用しやすくなる。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。

知的障害が伴わない発達障害者は「準障害者」に

知的障害の伴わない発達障害者は、「準障害者」という扱いにした方が良いと自分は思う

知的障害の伴わない発達障害者は、環境が合えば、普通に働けるからだ

発達障害という言葉の使われ方

  • 発達障害そのもの
  • 発達障害を背景とした適応障害
  • 発達障害を背景としたいじめ後遺症

発達障害そのものは、「疾患としての障害」ではなく、「人類の生物としての適応」の一つ。

だが、「適応障害」や「いじめ後遺症」はれっきとした「疾患としての障害」だ。

「疾患としての障害」ではない発達障害を「準障害者」という扱いにする理由は、発達障害は、適応障害やいじめ後遺症に繋がりやすいため、それらを予防するための支援が必要だからだ。

発達障害者へのバリアフリーな社会制度もその一つだ。

そして、「準障害者」とすれば、発達障害の当事者にとっては過剰に権利を制限される事がなくなるというメリットとなる。

そして、政府の側には、過剰な支援をする必要がなくなり、社会保障費の効率的な使い方ができるというメリットになる。

境界知能の人も「準障害者」に

「ケーキの切れない非行少年たち」には、境界知能(IQ70~85)の人達が、数が多すぎるため、支援の対象から外され、十分なサポートを受けられていないと書かれていた。

確かに、境界知能の人達に、知的障碍(IQ70以下)並みに手厚い支援をするのは、数が多くて、コストがかかりすぎるため、無理だろう。

境界知能の人達も、準障害者という扱いにし、コストがかかりにくい支援をすると良いと思う。

免責条項
・当ブログは、管理人が書籍を中心に得た情報を分析してまとめていますが、あくまで管理人個人の主観による物です。
・治療や就労、及びそれらに付随する一切の事柄の判断は読者の責任でお願いします。
・掲載情報にはできる限りの正確さを心がけていますが、管理人は医療関係者ではないため、万一当ブログを利用する事で損害が発生しても、責任は負いかねます。
・上記の事柄をあらかじめ承知しておいてもらえるようお願いします。